SFC修行・JGC修行のメリット・デメリット・向いてる人・向いていない人

JALのJGC修行中のジョン虎次郎です。

今回はエアライン修行をして航空会社の上級会員になるメリットと、修行をして元はとれるのかを考察し、修行するのに向いている人・向いていない人をまとめていきたいと思います。

エアライン修行のメリット・デメリットを考察

まずは航空会社の上級会員(JALならクリスタル・サファイア・プレミア・ダイヤモンド・JGC、ANAならブロンズ・プラチナ・ダイヤ・SFC)になると得られるメリット・ベネフィットを整理してみましょう。

航空会社の上級会員のメリットまとめ


優先チェックインカウンター

メリットは空港に着いた時から始まります。

まず、優先チェックインカウンターで、一般の人が数十人並んでいるのを横目にチェックイン&手荷物を預けることができます。

 

手荷物増量

通常キャリーケース1個まで無料が一般的なところ、なんと2個まで無料で届けてくれます。たくさんお土産を買った時に便利ですね。

 

優先保安検査場

何も悪いことしていないのに、なんかドキドキしてしまう、あのX線検査と身体検査のやつです。

あれも時には大行列になってしまっていることがありますが、上級会員なら優先レーンがあったりします。

 

専用ラウンジ

上級会員狙いの人にとっては、これが一番の目的の人もいるかもしれません。

飛行機搭乗前にラウンジ(休憩所のような場所)で、無料で食事を食べられたり、ジュースを飲めたり、シャワーを浴びられたり、くつろいだりすることができる場所を利用できます。

 

優先搭乗

いよいよ飛行機に乗る時に、誰から乗りこむことができるかという乗る順番の話です。

障害のある方、妊娠中の方が一番ですが、その次はファーストクラス利用の人・最上級会員のダイヤモンド会員から乗ることができます。

続いてビジネスクラス利用やSFCなどの上級会員が乗ることができます。

エコノミー利用の平会員の人が乗り込む前に入れるので、機内をすいすいと移動できます。頭上の荷物もしまいやすいですね。

 

手荷物優先

長いフライトが終わったら、いち早く目的地に向かいたい。それなのに、預けた荷物がなかなか出てこない。

良くある話ですが、上級会員なら、預けた荷物もいの一番に出てきます。

平会員の人たちが、まだかまだかと待ってる間に、さっさとイミグレ・税関を通り抜けてしまいましょう。

 

(ANA・SFC)特典航空券のとりやすさ

陸マイラーの最大の鬼門は、マイルを貯めるのが難しいことではなく、「せっかくマイル貯めたのに特典航空券キャンセル待ちばっかりで全然予約できないじゃん!」という事実に直面した時ではないでしょうか。

しかし、上級会員になれば、上級会員専用の枠で取ることが出来たり、キャンセル待ちも平会員を追い抜いて一番に待つことができるようになります。

なお、JAL側では上級会員による特典航空券のとりやすさはあまり体感しにくいと言われています(キャンセル待ちの優先順位などはありそうですが、上級会員専用枠というのは無さそう、というのが2018年2月時点の通説です)。

(ANA・SFC)無料プレエコアップグレード

ANAの場合、国際線でプレミアムエコノミー席に空きがある場合、上級会員はエコノミー席からプレミアムエコノミー席に無料でアップグレードすることができます。

競争率は高いようですが、もし取ることができたら、快適な座席(価格的にもおよそ2倍相当)を無料で利用できるのは大きいですね。

 

(ANA・SFC)提携ホテルで無料朝食・割引

インターコンチネンタルや、ANAクラウンプラザホテルなど、提携のホテルで、最も安い価格から更に10%オフで泊まることが出来たり、ウェルカムドリンクや朝食(2000円~3000円相当)がついてきて、大変お得ですね。

 

 

エアライン修行のデメリットを考察

修行費用がかかる

出張族の人は別として、出張なんてない人、年1回程度の人ならば、自力で5万FOP・5万PPを貯めなければなりません。

その為にはどのように単価を落としたとしても、やはり40万程度はかかってしまうのではないでしょうか。

 

維持費用がかかる

修行費用をなんとか捻出したとして、晴れてSFC・JGCカードを発行でき、「やった!これでクレジットカードの年会費だけで上級会員だ!」と思いますが、クレジットカードの年会費、結構バカにならないんですよね。

SFCなら最も利用者の多いであろうSFCゴールドVISAだと割引をフル適応して本会員だけで11,340円、家族カードまで発行したら17,820円がかかります。

JGCの場合、最も安いCLUB-Aカードだとしても、本会員で10,800円、家族カードまで発行したら、21,600円もかかります。

修行(初期)費用に比べたら大したことありませんが、「毎年かかり続ける」というのは意外に大きいものです。

 

アライアンスに縛られる

一度決まった航空会社の上級会員になってしまうと、やはり「せっかくなら」と思ってその航空会社を使いたくなってしまうもの。

すると、他の航空会社が安くても、ついついお得意の航空会社を使ってしまったり、他の航空会社のセール情報の感度が鈍ってしまったりして、わざわざ高いチケットを買ってしまっている、ということは往々にしてありそうですね。

 

航空会社上級会員のメリットを再考察

さて、メリットは果たして本当にメリットなのでしょうか?ここではちょっとネガティブな視点で見ていきましょう。

優先チェックインカウンター・優先保安検査・優先搭乗・優先手荷物受取について

そんなに急ぐ必要あります?

乗り遅れて他の人に迷惑かけない程度に早めに空港行って、少し列待ってれば飛行機にちゃんと乗れることには変わらないですよ。

優先搭乗?どんなに早く乗り込んだって、座席は指定されてるし、目的地に着くのは全く同じ瞬間ですよ。

 

ラウンジ利用について

ラウンジ利用、本当に必要ですか?

国内線のラウンジなんて、(ダイヤ・ファーストは別として)カードラウンジと大差無いと感じています。必要なら喫茶店に入れば良いじゃないですか。

確かに、国際線は食事も充実していてカードラウンジとはお得感や上流気分は味わうことができますね。

そんなに、どうしてもラウンジ入りたければ、ヤフオクやメルカリで3000円程度でラウンジクーポンを買えるので、それを買って使えば良いのです。

え?3000円が勿体ない?

その3000円をケチる為に、修行費用とカード維持費にいくらかけるつもりですか?

 

エアライン修行に向いてる人・向いていない人

上記の煽り、気に障った人がいたらすみません。

全て、過去の自分自身に言ってやりたいことです。

出張族で否応なく上級会員になってしまう人は別として、エアライン修行をしてまで上級会員になるというのはやはり特殊な事ですよね。

そんな自身の反省を活かして、エアライン修行に向いているだろう人と向いていないだろう人をまとめてみました。

 

エアライン修行に向いている人

年収1000万以上

高年収は正義です。修行費用も年会費も、細かいことは気にすんな!です。

 

独身・DINKS

修行そのものが子持ちとは相性が悪いですね。

貴重な休日の家族で過ごす時間を犠牲にして単身タッチ修行に出る。

なかなか配偶者や子どもには理解されにくいでしょう。

修行するなら独身のうち、子どもがいない内にやっておきたいですね。

 

1年に複数回海外旅行する

こちらは修行後の話として、年に複数回海外旅行に行くなら、ラウンジ利用なども何度も活用できるでしょうから、元は取れていくでしょう。

 

純粋に趣味

純粋に飛行機に乗るのが好きなんだ、というパラダイス山元さんタイプなら、コスパとか、元を取るなんて発想そのものがヤボなことでしょう。

フライトを楽しんでください。

 

航空会社上級会員に向いていない人

年収600万未満

修行費用の捻出はもちろん、ボディーブローのように利いてくるカード年会費はバカになりません。前述した通り「趣味を楽しむ経費」としては否定はしませんが、「得する為」と思ったら間違いなく後悔します。

 

子ども1人の3人家族

上級会員になった場合の最大のメリットと楽しみはラウンジ利用だと思いますが、たいていのラウンジは同伴者1名です。

2歳以上からはしっかりと1名になりますので、3人家族では1人入ることができません。

ラウンジを使う為に、家族別々の場所で過ごす・・・というのもちょっと寂しくありませんか?

「家族カードを作れば解決!」とも思いますが、家族カードもタダではありませんので、それなら喫茶店入れば良くない?という話にやっぱり戻ります。

例外的に子ども2人なら、家族カードを作って無駄なく使えるな・・・と少しだけ思っています。

 

年に1回~2回程度の海外旅行

年に複数回海外旅行にいける家族なら、修行費用40万・カード維持費年約2万をかけも、その初期費用・ランニングコストはどんどん元がとれますね。

しかし、通常の家庭では年1回~2回程度海外旅行に行くだけでも結構ギリギリではないでしょうか。

そんな回数では、修行費用を回収するほどのメリットを得られる機会が少なすぎますね。

 

 

根本的な認識を間違えていた

ジョン虎次郎は今でこそ、それなりの年収を稼いでいますが、元来ケチケチな性格で「コスパ重視」「元を取る」というような発想が強いです。

そんな自分のJGC修行の目的はJALの上級会員になって、「ラウンジを使いまくって得をしよう」「修行費用&年会費以上のベネフィットを受けとってやろう」と考えていました。

しかし、それは間違っていたと今になって実感しています。

修行して上級会員になっても、修行費用以上に元をとることなんてまず無理です。

あとのメリットは優先カウンターや優先搭乗時などに平会員に対してドヤ顔ができる事・・・になるのでしょうが、あまりそういう性格(タイプ)でもないんですよね・・・。

 

まとめ

航空会社の上級会員は、そもそも出張などで自然と上級会員になれるか、ある程度お金に余裕があって趣味としてお金を使える人なら楽しめるものでしょう。

対して、ジョン虎次郎のように特別高年収でもなく、年末年始と夏休みの年に1回~2回程度しか長期休みのとれない社畜家族は、無理して修行しても、元をとれるようなことはない。というのが改めての実感です。

むしろ、下手に上級会員になって特定の航空会社(アライアンス)に縛られるよりも、素直にJTBやHISにでも行って良いプランを提案してもらうか、楽天トラベル等の格安セールでも狙う方がお得なケースは多いような気がしました。

ビジネスクラスに乗ったり、ラウンジ使いたいなら、「ビジネスクラスがこのお値段!」のようなセールを狙ったり、ヤフオクでラウンジクーポン買えば良い話ですからね。

もし、上級会員修行を検討している人がいたら、ぜひ良く考えてから始めましょう。

 
 

2 COMMENTS

wmaimai

思いきり向いていない人でしたw 目が覚めました(_ _)

jontorajiro

コメントありがとうございます。

趣味としては楽しい趣味とは思いますが、それなりにお金のかかる趣味ですね。

「世の中にはもっとお金のかかる趣味はある!」と思って開き直るのも手です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください