【宿泊記】シェラトン・グランデ・トーキョー・ベイ・ホテル

GoToトラベルを利用して、シェラトン・グランデ・トーキョー・ベイ・ホテルに宿泊しました。

本ホテルに宿泊するのは、4度目で、1度目は2018年の初プラチナ宿泊で、大変ありがたいことにスイートルームにアップグレードしていただけました。

【SPGプラチナ】シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル 宿泊レポート(お部屋=スイートルーム・ラウンジ)

2度目、3度目は、高層階の微アップグレードでしたが、4度目の今回はどのようなお部屋にしていただけるでしょうか?

チェックインについて

チェックインカウンターは、一般カウンターと、エリートカウンターがあります。

エリートカウンターは、着席して対応していただけるようでしたが、すでに2組が応対しており、一般カウンターの方が空いていたので、今回は一般カウンターでチェックインしました。

一部のホテルで週末のチェックインは大混雑しており、「チェックインに2時間待った」といった話も聞きますが、土曜の18時頃のチェックインでしたが、全く待つことなくチェックインできました。

エリート会員(おそらくプラチナ以上)はこちらでチェックイン可能

地域共通クーポン(紙)はこちらのカウンターで交換

ディズニーチケットはこちらのカウンターで朝6時から交換。6時~7時は少し並ぶ。

シェラトン・グランデ・トーキョー・ベイ・ホテルのお部屋(アップグレード結果)

チェックインの結果、週末の土曜日にも関わらず、高層階のコーナールームにしていただくことができました!

ただし、本ホテルのコーナールームはちょっと変わっています。

そもそも、コーナールームの意味を調べてみると

窓が2つ以上の側面にある客室。採光、展望が良いので高価な客室であることが多い。設計上から建物の角に配置されることが多いが、必ずしも角である必要はない。

出典:https://www.jhs.ac.jp/guide/glossary/1542.php

 

と、窓が2面以上あることとされています。

しかし、本ホテルのコーナールームは、1面しかありませんでした。

どういうことか、具体的にお部屋に入っていきましょう。

ルームレビュー

入口を開けると通路幅が倍近く広く、圧迫感が一切ありません。スタンダードルームと違いを感じた瞬間でした!

 

エクストラ込みでベッドが3台並んでいました。エクストラは希望はしていませんが、おそらく標準で3台だと思われます。こんなにベッドが並んだ光景は初めてだったので、子どもは楽しそうにしていましたね~。

 

そして、本コーナールーム最大の特徴がこちら!

右側手前の大きなテレビの左側に、もう一部屋あるのがお分かりいただけますでしょうか。

 

なんと、エクストラルーム?ともいうべき、寝室がもう一部屋あるのです。

ただし、このベッドはメインのベッドと比べてやや小さめ(といっても大人でも十分寝れる大きさですが)。

メインのお部屋と合わせて5台のベッドがありますので、子だくさん向けのお部屋ということですね。

 

そして、コーナールームのようで、コーナールームではない本お部屋の特徴がこちら。

残念ながら、こちらの面の窓にはボードが打ち付けられています。

本お部屋は、メイン棟とパークウィング棟の境目(のメイン棟の端)にありました。おそらく元々はコーナールームだったのが、パークウィング棟が増設されたことで、窓が潰れてしまったのですね。ですから、窓は1面しかありません。

 

景色

ちなみに、メインのお部屋からの外の景色はこちら。

ディズニーランドとは反対側の、ホテルオークラビューです。

20時に、ディズニーの花火の音が聞こえてきましたが、景色には一切入ってきませんでした(泣

 

その他

水やバスローブ、浴衣などは、全て5人分でした。ベッドも5台だし、5人家族を想定したお部屋なのですね。

水回り・アメニティ

シャンプー・ボディーソープは、変わらずに固定のボトルタイプです。

まとめ

シェラトン・グランデ・トーキョー・ベイ・ホテル4度目の宿泊は、コーナールームのようでコーナールームでないコーナールームにアップグレードしていただけました。

週末の繁忙期にスタンダードからアップグレードしていただけるだけで感謝ですね。