【失敗談】SPG・マリオットのプラチナチャレンジ達成後の宿泊時の注意

現在、マレーシアのクアラルンプール・ランカウイ島へ長期旅行中です。

旅行中ではありますが、ちょっとした失敗談があり、ぜひ皆様に同じ失敗をしないように投稿です。

ジョン虎次郎は4月にマリオットのプラチナチャレンジを達成して、SPG&マリオットのゴールド会員からプラチナ会員になることができましたが、直近でマリオットプラチナチャレンジの挑戦者・達成者は特に注意していただきたい内容です。

ジョン虎次郎の失敗体験

SPG&マリオットのプラチナになって、日本で2滞在、マレーシアで4滞在していますが、これまでの人生では経験したことのないような部屋のアップグレードと待遇をしていただいております。

特に部屋のアップグレードについては、スイートルームもしくは、最上階(に近い)見晴らしの良い部屋にしていただいており、大変満足感の高いものになっています。

あなたも、せっかくプラチナになったのですから、どうせなら少しでも良い部屋にしていただいた方が嬉しいですよね?

しかし、プラチナ達成後の7滞在目、ウェスティン・ランカウイの受付時に以下のような対応がありました。

(会話は全て英語の意訳です)

受付「ようこそ!」

 

ジョン「今日から2泊の予定のジョンです。よろしくお願いします(パスポートを渡す)」

 

受付「OK。ジョンさんね(PCを操作)。OK。部屋をアップグレードしてあげたわよ。○○号室のパーシャルオーシャンビューね。」

 

ジョン「(パーシャルオーシャンビューか・・・。このところスイートへアップグレードしてもらったのが続いていたからちょっと残念だな)分かりました。」

 

受付「あなたが予約したプランは朝食が含まれていないけど、朝食は付ける?」

 

ジョン「プラチナメンバーなので朝食無料を選択することはできますか?」

 

受付「え?あなたプラチナなの?

 

ジョン「そうですよ。(SPGアプリのプラチナ画面を見せる)」

 

受付「あら・・・おかしいわね・・・・(パソコンの画面と見比べる)」

 

ジョン「もしかしたら、今回の宿泊予約をしたのは3月で、その時はゴールド会員でした。その後4月にプラチナ会員になったから、それが反映されていないのかもしれませんね。」

 

受付「(カタカタカタ)確かにあなたはプラチナメンバーね。失礼しました。それなら朝食は無料にするわ。」

 

ジョン「確認ありがとう。ちなみに、プラチナメンバーということで・・・・部屋のアップグレードをもう1ランクあげていただくことはできますか?」

 

受付「ごめんなさい。あいにく今日は満室なの。この部屋で許してね。」

ランカウイ島は現在、雨季の閑散期です。

ロビーを見ても、プールを見ても、とてもお客さんがたくさんいるようには見えませんが、満室と言われてしました。

フロントとしても、一度確定した部屋を再度割り当てしなおすのは手間なんだろうな、と思います。

ジョン虎次郎は「アップグレードはホテルの心遣い」と認識しているので、それ以上は言いませんでしたが、これまでのアップグレードの経験から、最初からプラチナと分かっていれば、数ランク上の部屋になっていただろうな、と感じました。

 

プラチナ達成後の宿泊前に行いたいこと(失敗談からの推測と解決策)

現在、プラチナチャレンジ挑戦者・達成者は増えていると思いますが、同時に8月18日の統合前にかなり先の宿泊予約をしている方も多いのではないかと思います。

マリオットのLNFもそうですが(マリオットのLNFが反映されず正規料金を請求されたことがありました)、一部のホテルは、最初の予約時から実際の宿泊時にかけて、最新の情報が反映されない場合があるようです。

ジョン虎次郎と同じ失敗をしない解決策は以下の通りです。

プラチナ達成後に予約をしなおす、というのも一案ですが、キャンセル不可プランだったり、料金が高くなってしまう場合もあるので万能ではありませんね(キャンセル可能プランで料金が安くなるようならぜひキャンセルして予約しなおしましょう!)。

最も万能で確実な方法は、プラチナチャレンジ達成後~宿泊数日前までに、「プラチナ会員になりました。今回の宿泊を楽しみにしています。」と一言、メールか電話を入れておくことです。

その連絡一本で部屋のアップグレードの度合いが大きく変わる可能性が高いです。

今回の旅行でプラチナの待遇は別格だと感じています(特に旧マリオット系よりも旧SPG系のプラチナは別格だと感じています)。

あなたのホテルライフが快適であることを祈ります!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください